2014年10月24日

風車菊

風さん少し風車を回してみて下さい。

  

Posted by 有沢 at 16:38Comments(5)TrackBack(0)

2014年10月22日

病気になったので…

突然、仕事にいけなくなりました。
休んだらドンドン仕事が山積みで、勇気をだして行ったけど、仕事をしながら涙がとまりません。


とうとう自分ではどうにもならないか…と心療内科へ行きました。

薬を飲めば楽になると思ったら、私の場合は休息と仕事からの隔離が治療なようで、仕事を放り投げることになってしまいました。

逃げ出したかった仕事なので結果往来なのかもしれませんが、何か違います。最後までやり遂げたかったけど、力量不足でした。

休息に入ると色々な思いが出てきます。

以前のこのブログ時代の大好きで楽しかった育休ライフも思い出しながら、今の自分これからの自分を見つめて行こうと思います。  

Posted by 有沢 at 10:44Comments(2)TrackBack(0)

2014年10月20日

ダウンコート

【モデル】JURA(ジュラ)

【カラー】ブラック

【サイズ】1、S(USA)
肩幅:40、身幅:47、着丈:82(襟下から)、袖丈:58
多少の誤差はご了承ください



【特徴】
前面はジッパーとボタン式になっています。フードはボタンで取り外しができます。
国内正規店での購入品ですので、ジャパンのタグが付いています。
ただし、付属品(商品タグ、三角タグ)はございません。(Mokaダウン)

【状態】
モデルは数年前のものになりますが、傷、シミ等の目立ったよごれはなく、十分ご使用いただける状態です。
実寸をご確認の上、中古品へのご理解をいただける方のご入札をお願いします。(ダウンアウトレット)  

Posted by 有沢 at 16:34Comments(2)TrackBack(0)

2014年10月17日

ダウンコート > Mサイズ

タトラスのダウンコートです。
フード、ファー部分が其々取り外せますので、3WAYで楽しんで頂けます。
特に目立ったシミ・汚れ無く美品ですが、ファーは保管のせいか、ねた感じになっておりますのでご了承頂ける方に。
ウエストにかけてシェイプされ、広がり過ぎないAラインなので、ラインが綺麗です。
襟は閉じてスタンドタイプにもなりますので、また違った印象になりますがいかがでしょうか。


サイズ:02  お色:艶感無しのグレー
実寸:肩幅37cm 袖丈65cm 身幅47cm 丈79cm
*全て平置きで採寸しており、身幅は袖の付け根を採寸しております。素人の採寸ですので、多少の誤差はお許し下さいませ。(ダウンアウトレット)
付属品:タグのみ  

Posted by 有沢 at 18:25Comments(2)TrackBack(0)

2014年10月10日

寝不足~

最近、遊びに行ってしまったり、お出かけしてしまったり、
遅くまで仕事をしていたりと、なかなか眠れません。


今朝は、久しぶりに5時半まで寝ていられると思っていたら
5時に娘が起こしてくれました。

あれ、朝学習の日だったかな、、、。


お弁当を作り、朝ごはんの支度が終わったので、
娘を呼ぶと




娘「なんで、こんなに早いの?」

私「え?朝学習じゃないの
朝、起こしてくれたから朝学習だと思って、、、。」

娘「私が、起きたから起こしてみた。」




え~~~~~

あと。30分寝ていたかった。

勝手に早起きして作っていたお弁当~。




そして、夕ごはんでも娘のわがままぶりが。

仕事が忙しかったので、ご飯を炊いてきたし
おかずを買って帰ろうと思っていたら、娘から電話がきました。


仕事が忙しいので、おかずを買いたいと言うと
何が何でも手羽先が食べたいから作ってと。


仕方がないので、手羽先を買って帰り、夕ごはんを作りました。

たまには、手抜きがしたいときがあるんだよ~。  

Posted by 有沢 at 11:40Comments(2)TrackBack(0)

2014年10月09日

キッチン漂白とお弁当

今日のお弁当♪




ウォーキングの時に見たお花♪

  

Posted by 有沢 at 14:23Comments(2)TrackBack(0)

2014年10月08日

時代祭に新たな色 常盤御前の衣装26年ぶり新調

京都三大祭りの一つで22日に行われる時代祭を前に、平安時代婦人列を彩る常盤御前の衣装が26年ぶりに新調された。京都市左京区の平安神宮で9日、披露された。もえぎ色の絹地に、松の葉の模様を施した表着(うわぎ)が生まれ変わった。
 平安時代婦人列では、源義朝の側室だった常盤御前が義朝の死後、子どもたちの助命を平清盛に嘆願するため、息子の牛若丸を懐に抱いて六原に向かう姿が再現される。


 時代考証を担当した京都橘大の猪熊兼勝名誉教授によると、松の葉が浮き出るような表着の模様は、平安-鎌倉時代に高貴な人物の着物によく使われたという。猪熊名誉教授は「淡い色合いが、下に着る紅色のひとえと合わせて気品を漂わせている」と話した。
 また、楠木正成の上洛(じょうらく)を再現する「楠公上洛列」で馬を引く口取(くちとり)の胴丸が、82年ぶりに新しくなった。豊臣秀吉の参朝列の牛車で御簾(みす)の内側に使われる下簾も、39年ぶりに新調された。
 時代祭は平安遷都1100年の翌年の1895年に始まり、今回で110回目を迎える。計254点の祭具が約490万円かけて新調された。  

Posted by 有沢 at 14:36Comments(2)TrackBack(0)

2014年10月07日

ヴァンヴェールのフレンチ

小布施を訪れる観光客は、栗を買ったりスウィーツをいただいたりする人たちがほとんどなので、夕方も5時近くになると、ほとんどのお店が閉まってしまう。夕食をいただけるお店は少ない。このお店は、オーベルジュなので宿泊客がメインのお店だ。ここに泊まろうと予約を入れたが、満室だったので、別に宿を取り、夕食をいただきに伺った次第だ。



私のオーダーした前菜は、信州サーモンのスモークプラムリーソース。スモークサーモンの中にフロマージュが入っている。プラムリーは青りんごの一種で、皮をむいて食べるのには適さないが、適度な酸味のあるリンゴなので、ソースにしたり、ジャムにするのに適している。このソ-スも爽やかな酸味があって、サーモンの味をうまく引き出している。  

Posted by 有沢 at 19:14Comments(2)TrackBack(0)

2014年10月07日

HKT48多田愛佳、ビビり役でセリフほぼなく「楽な撮影」

9日、シネマート六本木でアイドルが勢ぞろいした青春映画『ソフテン!』の公開決定記念スペシャルイベントが行われ、HKT48の多田愛佳、SUPER☆GiRLSの田中美麗、Lucky Color'sのKANONとMIINA、ひめキュンフルーツ缶の岡本真依、そして安藤遥、山田あさこ、小倉朋夏、演歌歌手の徳永ゆうきが登壇した。劇中のユニフォーム衣装でフレッシュな魅力を振りまいたほか、クイズコーナーやメイキング上映など盛りだくさんの内容でファンを沸かせた。



同作は板羽皆の人気漫画を実写映画化した青春スポーツコメディー。廃部寸前の落ちこぼれ女子ソフトボール部のダメ部員9人が、野球好きの用務員のおじさん(ダンカン)を顧問に迎え再起する姿を描く。

 普段は歌やダンスなどで可憐(かれん)な魅力を発揮しているアイドルが出演する本作。イベント中のトークではまさにスポ根だった撮影の様子も紹介し、中でも、ピッチャーを演じたKANONは「球技が苦手で役づくりのために一生懸命公園で練習しました」と自主練エピソードを披露。また、司会者から撮影中に流した涙について触れられ、「難しくて、うまく投げられないくやし涙でした。スタッフの皆さんに教えていただいてすごく助かりました」と晴れやかな笑みを浮かべた。

 部員ながらボール恐怖症の役を務めた多田は「ドッジボールで指を骨折したことがありまして、ボールが本当に怖いという思いもあったので、自分にピッタリだと思いました」と撮影前の印象を語り、「(思った以上に)ビビり役でほぼセリフもなかったので、楽な撮影でした。楽しかったです。でも、おなかは減ったのでお弁当はちゃんといただきました」とちゃめっ気たっぷりなコメントで笑いを誘った。

 今でこそ和気あいあいとしているキャスト陣だが、4日間で行われた撮影の3日目でやっと打ち解けられたそうで、MIINAは「みんなすごく人見知りでした」とアイドルたちのシャイな一面も明かしていた。(中村好伸)

映画『ソフテン!』は10月31日よりシネマート六本木ほか全国公開
  

Posted by 有沢 at 12:30Comments(2)TrackBack(0)

2014年10月05日

カマキリ・・・・

カマキリ・・・・・
公園の草原にカマキリが悠然と移動していました。
人に踏まれないか心配です・・・・・・



  

Posted by 有沢 at 14:43Comments(2)TrackBack(0)

2014年10月02日

日笠陽子、日比谷野音ライブ、大成功

声優・日笠陽子のライブ・ツアー “Le Tour de Couleur(ル・ツール・ド・クルール)” が開催された。9月に発売された自身の1stアルバム『Couleur』を引っ提げてのライブ・ツアーとなる。

10月4日土曜日。日比谷野外音楽堂は非常に爽やかな秋晴れの日を迎えた。日も沈み、若干肌寒くなってきた18:00。定刻どおりにステージに日笠が現れた。白い衣装を身にまとっての日笠陽子ライブ “Le Tour de Couleur” は前半戦から全力疾走! 大きな歓声に迎えられ、「ENVY DICE」「Brighter day」「Starting line」の3曲で幕を開ける。ド頭から、これ以上ないハイ・テンションなステージだ。

軽く挨拶を入れ、ミドルチューン「Crazy you」「Pollution」を披露。その後アルバム『Couleur』でも人気・注目度の高いGLAYのHISASHIが作詞・作曲をした「憂冥」では、会場から、ひときわ大きな歓声があがった。「Rhythm Linkage」「BALLOON」と昨年発売のコラボ・アルバムでも人気の高い2曲を披露したのちに、映画『ハル』の主題歌「終わらない詩」を優しい時間を作り出す。

4thシングルのデジタル・ロック・チューン「EX:FUTURIZE」をライブ・アレンジで披露したあとに黒と蒼のスーツ衣装に着替えた日笠は、アルバムのリード・トラックである「新世界システム」を熱唱。こちらも人気のある楽曲で、このライブのハイライトともいえる盛り上がりを見せた。

そしてデビュー曲でアニメ「進撃の巨人」のエンディング「美しき残酷な世界」を力強く歌い上げると、ここからラストへの一気にたたみかけるセットがすさまじかった。「Reclusive」「風と散り、空に舞い」「Love My Melody」「Sleepy Hungry Minds」とアッパー・チューンを間髪入れずに叩き込み、会場の雰囲気は最高潮に達した。そして本編のラストはアルバムでも最後のトラックとして収録された「FLOWERS」。包容力のある力強いこの楽曲で本編は幕を閉じた。

土曜日の夜の日比谷のオフィス街に響き渡るアンコールを受けて再びステージに登場した日笠は、「Glamorous days」と「Seek Diamonds」をファンに届ける。そして2度目のアンコールではアルバム「Couleur」の初回限定版の映像ディスクに収録されたいる隠しトラック「みるく定食」を初披露。さらに、昨年のライブでも行ったリクエスト・コーナーを今回も行い、ファンからリクエストされた「Sleepy Hungry Minds」を熱唱してこの日のライブを締めくくった。

昨年開催されたライブもかなりのカロリー消費量だったが、今回はそれを上回る勢いのあるステージに。ステージごとに進化を遂げる日笠陽子の姿を見せつけた。日笠陽子のライブ・ツアー “Le Tour de Couleur(ル・ツール・ド・クルール)” 。10月25日、大阪・オリックス劇場、11月16日、Zepp Tokyoの2公演はさらなる成長を遂げる日笠陽子のステージとなるはずだ。  

Posted by 有沢 at 15:37Comments(0)TrackBack(0)